海外生活はまさにサバイバルゲーム!熟年国際結婚の現実。あなたは耐えられますか?

国際結婚しパートナーと日本を拠点に生活を始めたら、日本で外国人が安定した職につくのはとても難しいです。

戸籍も日本人であるあなたが筆頭主となって、家を借りるときもローンを組むときも、すべてあなた名義で申請します。

そして相手のビザなど完璧にしてなければパートナーが不法滞在で捕まることもあり得ます。

結婚しビザ申請しても発行されるまでパートナーは働けなくて、数週間=数か月ビザの発行までかかるケースもあります。

海外は頼れる人はパートナーしか折らず、身内はもちろん気の置ける友人もいない回外は相手に自分のすべてを託し慣れるまで孤独な生活をすることになるでしょう。

日本食が恋しくて何を食べても満足できないことも。

パートナーが仕事に行ってるときあなたは一人で留守番。

友人と楽しく話すパートナーがうらやましいとおもったりします。

パートナーの親族からアジア系で嫌な顔されることもあったりします。

身内に不幸があった時も何もでいいないでしょう。これらすべて経験するはず。

あなたは本当に耐えられるでしょうか?

他には言葉の通じない国で生活必需品を買うことも慣れるまでとても大変で、買い物も言葉を話せないところでは実体験版サバイバルゲームと化すのです。

買い物の仕方も全く違って私はアルゼンチンにすんでこまったことは普通に買い物を済ませられるようになったのは移住して1年以上先でした。

スーパーで売られてる鳥は内臓はきれいなっても自分でさばくことになります。

日本で慣れたしょうゆなど調味料を使わないで慣れないハーブを利用してオーブンで料理しなくてはならない。

言葉がわからないのでスーパーでどこで何があるか聞くことができなくて長時間店内をさまよったりします。

過去ネットと電話回線が故障して修理に2か月かかって、連絡取れない娘を案じた母が大使館に連絡して安否確認されたりもしました。

貴方はパートナーの国に住むことになれば孤独に耐え慣れない生活を刺激に満ちた実体験サバイバルゲームとして楽しめるでしょうか?

出生地主義の国で子を産めば対象年齢になれば軍隊に強制加入することになったりします。

海外で出産したときもしかり、日本で出産し離婚するときと同じことが起き、日本と違って子がいれば済むことが許される国が多く、海を挟み親子離れ離れにならないですが、頼る人なく一人でその国で生活することに。

どの国籍の親からうまれても、その国で生まれた子は自動的にその国の国籍を与えられて、両親が日本人でもアメリカで生まれるとアメリカ人問うこと。

日本人の子は日本人、アメリカ人の子は日本で生まれてもアメリカ人という考え方。

出生地主義の国で子を産めば対象年齢になれば軍隊に強制加入することになったりします。

そして、海外でパートナーに耐えきれなくて、日本でよくある実家に帰らせていただくという勢いで子を連れ黙って帰れば、相手の任意を得てなくて誘拐罪に問われて国際手配されることになります。

越えなくてはいけない壁はたくさんありますが、それ以上に国際結婚は普通のものと全く違った楽しさもあります。

国籍によりますが、日本人と普通の結婚生活するよりあまくて、日本人御パートナーと結婚するより絆が深い家族になれるでしょう。

幾多の壁を越えたからこそ深まる絆は日本人パートナーと比べ物にならないはず。

日本人同士結婚していると絶対見られない世界を体験できるのです。

パートナーの国に住むことは苦労が多いですが、目線を変えてみればいいだけのことで、日常会話できるようになると生活に何の不自由なく毎日異文化交流。

外国人目線で日本を客観視できたりして日本がどんな素晴らしい国か再認識させられます。

金銭感覚の違いで喧嘩したりすることもありますが反面大きなメリットもあります。

日本に拠点を置く人は数万でパートナーの親に十分仕送りできて、海外に住めると生活費があり得ないほど安いです。

国によって数百万でメイド、プール付き豪邸を立てられたりします。

外国語習得しようとする日本でスクールにかより、資格を取って職とするまでどれだけ年月がかかるでしょう?

毎日慣れ親し耳についた外国語が、現地ガイドみたいに一生の武器として使えるようなこともあり得ます。

タイの国際結婚、熟年でも婚活できる?

外国人パートナーと国際結婚することは想像以上に厳しいことの連続。

しなくていい苦労をしてるとネガティブな意見をされても受け流してください。

日本人パートナーと平穏で変化がない暮らしをして、慣れた仕事をするといった生活も素敵ですが。

苦労と、とらえないで成長するチャンスと受け止めて、制覇していくゲームと思っていれば相当刺激に感じて飽きることないでしょう。

ネガティブ要素を逆手に取ってみると国際結婚はすべてポジティブに持っていけます。

私も実際ポジティブに考えられるまで何度も悩み落ち込みました。

海外で孤独でも国際結婚で子を持つことによりリスクがあることを含めても悩みが吹き飛ぶほどかわいい赤ちゃんが生まれます。この子を悲しませたくないと思えば、不思議と夫婦も仲良くなるはずです。

タイの女性と結婚するには、どのような壁があるでしょうか?まずかんがえられるのは言葉で日本語を話せない人が大半で、婚約した時は殆ど日本語はダメでしょう。

そうした話せないのにコミュニケーション取れるかと不安に思うかもしれないですが、案外問題ないです。

はじめ通訳など交え会話しますが、相手の女性は本気で日本人と結婚するとなると猛勉強して日本語を覚えてくれるのです。

国際結婚する女性の多くは20~30代半ばの女性。

日本、来日前、日本語学校に通わせてみれば来日の時、片言の日本語を話せたりします。

そして、タイ人の女性と結婚するにはそれなりの覚悟が必要となり、年の左近ということで、タイ女性をフォローしてあげる気持ちがあれば円満な家庭を築くことができるはず。

そして何度かタイに行ってみるべきです。

まずお見合いして気になる人を探しましょう。そのあと何度かタイでデートしてみてください。

若くきれいな女性は相当気に入るはずですが、直ぐ婚約するのでなく何度かデートして本当に一生すごせるか自分に問いただしてみて下さい。ぜひ検討してみてください。

本当は熟年婚活ブログ「Jukuko」のユナちゃんみたいな可愛い女性と付き合いたいのじゃが・・・笑